腸内環境の良し悪しはUNCHIの状態で毎日ジャッジ!

1997年にイギリスで発表された『ブリストルスケール』と呼ばれる便の分類チャートを参考に。
7種類のうち、どのUNCHIに近いかで自分の腸内環境をふまえて、食事などで調整をしましょう。

分類チャート

消化管の通過時間は1に近いほど非常に遅く(約100時間)、7に近いほど非常に早い(約10時間)と言えます。
また、3〜5あたりが合格です!

  1. コロコロ便
    硬くてコロコロと細切れの、うさぎのフンのような便。
  2. 硬い便
    ソーセージみたいな形状をしているが、硬い便。
  3. やや硬い便
    ソーセージみたいな形状で、表面にひび割れがある便。
  4. 普通便
    ソーセージみたいな形状で、表面が滑らかかつ柔らかい便。
  5. やや柔らかい便
    はっきりとしたシワのある、柔らかい半固形の便。
  6. 泥状便
    境界線が不明瞭な、ふにゃふにゃの不定形便。
  7. 水様便
    ほとんど水のような、固形物を含まない液体状の便。

 

UNCHIのジャッジPOINT

腸内環境がベストコンディションだと、毎朝同じくらいのタイミングでチャートの4に近い排便があります。
便の硬さのほか、色や量、ニオイも判断材料となるので、排便のたび意識してチェックしておきましょう。

ただし、気にし過ぎは禁物!

排便のタイミングは、体質や生活習慣などで人それぞれ異なります。
理想は毎日ですが、2〜3日に1回でうまくバランスがとれている人もいます。
排便に対してストレスを抱えて便秘になる、という人もいるので考え過ぎるのは逆効果。

関連記事

  1. 事件はデスクで起きている!女子のお悩みは「置きコスメ」で解決!

  2. くびれリバイバル&くびれメイク

  3. 【2019ベスコス その他】

  4. 気休めじゃなく、ちゃんと選んで、飲んで、実感したい!

  5. 腸内の”働き手”そのものを採用!菌活サポート

  6. 菌が良く働くには”えさ”がなくちゃ!菌飯活サポート

  7. 心と身体を美しくするためのおすすめグッズをご紹介 今日から始める♡イン…

  8. 第一号は発酵食品『だいじょうぶなものプロジェクト』

upPLUS 2020年6&7月号 5/12発売!

プレゼント

New Topics!!

information