くびれリバイバル&くびれメイク

毎日の生活の中で実践できる!くびれリバイバルのために気をつけること

どんな姿勢をとっている時も、くびれのために意識すべき点があるので要チェック!

【座っている時】

左右のお尻に均等に体重がかかっているか
首が前に出過ぎていないか

意外と座っている時も左右の重心に差が出るもの。足を組んだり、背もたれにもたれかかり過ぎたり、などが歪み=くびれをなくす原因に。

【横になっている時】

☑できるだけまっすぐになっているか

横になってTVを観るのは極力避けて。「無理!」ならストレッチで骨の位置のリセットを。就寝時は身体が歪まないよう、できるだけ仰向けで。

【立っている時】

☑猫背になっていないか
☑左右の足に均等に体重がかかっているか

片方の足だけに体重をかけて立っていると歪みが生じます。立っている時は、肋骨を軽く持ち上げるようイメージするのがベスト。

【歩いている時】

☑上半身がまっすぐになっているか
☑膝から下だけで歩いていないか

骨と筋肉を正しく使っているかどうかが分かれ道。肋骨を少し引き上げるイメージで、おへそから前に歩くようにするのが正解。

「もうちょっとできる」ならコチラ!一歩攻めるくびれメイクのストレッチ

よりくびれるためのHOW TOを伝授。しっかりこなせば数週間で「お!」と感じるはず。

肋骨編

内臓をグッと持ち上げるための“囲い”を強化して、くびれるウエストを目指す!

腹斜筋ほぐし

肋骨のまん中辺りの裏側(骨の裏側に触れるイメージ)をほぐす。無理はせず、できる範囲でOK。(左右、各10秒×3セット)

横隔膜ストレッチ

みぞおち部分に手を当て、手のひらの手根部を固定して軽く押し付けながら時計回り、反時計回りと揉む。(1回転させた状態で左右、各3秒キープ×5セット)

肋骨ストレッチ

両手を上げて手をつなぎ、身体を片側に倒して脇腹を伸ばす。上半身が前や後ろに倒れないように注意しつつ、左右可能なところまで倒す。(左右、各10秒キープ×3セット)

 

骨盤編

内臓の“受け皿”となる部分もしっかり整えて。歪みや開きを改善してくびれを後押し。

骨盤筋(腸肋筋) ほぐし

骨盤のちょうどまん中辺りの裏側(骨の裏側に触れるイメージ)をほぐす。指が入るところまででOK。(左右、各10秒×3セット)

骨盤底筋群トレーニング

ゆっくり呼吸をしながらお尻の穴をキュッと締めるように意識し、その状態をキープ。(30秒1セット)

骨盤ムーブメント

椅子に座った状態で、まずは骨盤を後ろに倒す。次に、前に倒す。うまくこなすコツは、座面に当たる坐骨を起点にし、後ろ、前へと転がしていくイメージ。左右も同様に。(前後、各10回×1セット、左右、各10回×1セット)

 

関連記事

  1. 原宿・表参道のサロンで働く美容男子の推しコスメ

  2. 毎日のボディケアに、くびれの強力サポーター☆

  3. 人気モデル選ぶ溺愛コスメ

  4. 物理的にキュキュッと引き締める“くびれインナー”

  5. 【美のためのツール&サプリ】こんなところまで、みんなこだわりまくってま…

  6. Cosme Kitchenの東西売れ筋アイテム対決

  7. 自宅で使うもの その2【美容師さんの溺愛コスメ】

  8. プラスαで投入したい“さらに、くびれちゃう”ツール

upPLUS 2019年10月号 9/12発売!

プレゼント

New Topics!!

  1. 松本穂香
  2. excel Illuminate your beauty

information