【杉野遥亮】恋が愛に変わる瞬間って、きっとあるんだろうな、と思うんです

漫画アプリで人気の『穴殺人』を映画化した『羊とオオカミの恋と殺人』で、殺人鬼の女子大生に恋をする、自殺志願の浪人生を演じる、杉野遥亮さん。
「愛っていったい何だろう?」と考えずにいられない、作品の不思議な魅力を語ってくれました!

友達同士、デートにもおすすめスプラッター・ラブコメディ

――『upPLUS』は美容専門誌なのですが、美容やコスメが好きな女性について、どう思われますか?

「キレイになりたい」という気持ちを持っていることが、素晴らしいと思います。男としては「キレイになってくれてありがとうございます」という気持ちです(笑)。

―― 映画『羊とオオカミの恋と殺人』は、美意識を刺激するような作品でしょうか?

ラブストーリーですから、きっと刺激されると思います!

―― この作品はただの恋愛映画ではなくて、「スプラッター・ラブコメディ」と銘打っています。あまり聞かないジャンルですね。

まさにこの作品を表している言葉だと思います。この映画の予告を見て、「怖そう」っておっしゃる方、結構いるんですよ。 でも「サラッと今観ちゃったけど、よく考えたらおかしいな」と思えるシーンが結構あって、コメディ要素も強いです。観終わった後、友達同士で確認し合ったりできるストーリーです。あと、わりと「きゃっ」となるシーンもあるので、カップルで行ったらくっつけますよ(笑)。デートムービーとしてもおすすめだと思います

「愛って何だろう?」と最近よく考えます

―― 黒須は、アパートの隣人である美人で優しい宮市さんが、日々殺人をするのを見てしまいますね。それでも彼女が好きで、つき合うという感覚は理解できますか?

さすがにそれは理解できないです(笑)。最近「好き」ってなんだろう? って考えるですよね。好きになってつき合いたいのはなんでだろう。よくマネージャーさんとも話しています(笑)。学生のころは、ちらっと見たらちらっと目があって……そういう瞬間でキュンキュンしたじゃないですか。最近は結婚する友達も出てきて、いろんなことが現実的になって、考えるようになりました。できあがったこの作品を観て「愛とは何なのか」の答えは見つける必要はないのかな、と思いました。恋が愛に変わる瞬間って、きっとあるんだろうな、と思うんです。

―― 好きになってしまうと、知らず知らずのうちに相手の悪いところも正当化してしまう、ということもありますよね。

それってわかりますね。特に黒須みたいな人は、自信を持ってできることや楽しいこと……何も持っていないですからね。宮市さんがいなくなったら、何もなくなってしまうようで、宮市さんを失うのは怖かったんだと思います。宮市さんの殺人を毎日見ながらも、バイトを始めたり、彼の人生は動き始めましたからね。

 

ダンスを融合した、美しい宮市の殺人シーンは必見

―― 原作はお読みになりましたか?

台本を読んだ後読んだのですが、原作者の裸村さんが、この話を書いたのはなぜだったのか、気になりますね。きっと本当に伝えたかったことがあるはず。このストーリーをなぜ思いついたのか……など聞きたいことがいろいろあるので、いつかお会いして聞いてみたいですね。

―― 宮市役の、福原遥さんとの共演はいかがでしたか?

福原遥さんとの共演は2回目なんですが、今回は恋人役ということで、新鮮でしたね。宮市が人を殺していくシーンは、バレエやコンテンポラリーダンスなどの振り付けをされている、青木尚哉さんにしていただきました。アクションとダンスをミックスするような動きで、遥ちゃんは空いている時間もずっと練習していたんです。彼女の新しい一面を見た気もしますし、尊敬できる女優さんだと思っています。

―― 本当に宮市は、華麗にしなやかに人を殺していきますよね。

宮市が人を殺すシーンは、不思議なくらい美しいんです。遥ちゃんが必死で練習している姿を見ていた身としては、そこにも感動しています。

―― 最後に、読者にこの作品のアピールをお願いします!

黒須と宮市は、まわりの人から見たら理解されないかもしれないけど、ふたりだけの別世界があって、そこには確かに愛があるんです。読者のみなさんの中には、僕と同じように「愛ってなんだろう?」と考えている方もいると思うんです。そういう方々に、何か答えをくれるヒントが隠されているんじゃないかな、と思っています。2019年の終盤に是非、映画館でこの作品を観ていたいただければうれしいです!

すぎのようすけ
1995年9月18日生まれ。千葉県出身。
2015年、第12回FINEBOYS専属モデルオーディショングランプリを受賞。2016年俳優デビュー。2019年は映画『LDK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』『居眠り磐音』に出演。現在、ドラマ『俺の話は長い』に出演中。

『羊とオオカミの恋と殺人』
11/29より、全国にて公開 ©2019『羊とオオカミの恋と殺人』製作委員会 © 裸村/講談社
【監督】朝倉加葉子 【出演】杉野遥亮、福原遥、江野沢愛美、笠松将、清水尚弥、一ノ瀬ワタル、江口のりこ
自殺に失敗した黒須(杉野遥亮)は、弾みで壁にできた穴から見えた隣人の美女、宮市(福原遥)に心奪われる。しかし、彼女は殺人鬼だった。ある日、殺人現場を覗き見ていたと宮市に知られてしまった黒須は、とっさに愛を告白。ふたりはつき合い始めるが……。裸村によるスプラッターラブコメ漫画を実写映画化。

※本記事はアッププラス2019年12月号より一部抜粋して掲載しています

ニット ¥32,000 /ユハ(☎ 03-6659-9915) パンツ¥38,000 / 08 サーカス(08 ブック) (☎ 03-5329-0801)靴¥32,000 /ブローム(スタジオ ファブワーク ☎ 03-6438-9575)

撮影/カキモトジュンコ(パーシモン)
スタイリング/伊藤省吾(sitor)
ヘア&メイク/佐鳥麻子
取材・文/山西裕美(ヒストリアル)

関連記事

  1. 【北村匠海】SF好きとしては、新しい文明が始まっている世界に行ってみた…

  2. 【金子大地】「ラブが止まらない」作品を思う存分楽しんでください!

  3. 【東出昌大】“ ひとすじの光” が毎話見える、重すぎないストーリーにな…

  4. 【佐藤 健】30代も今までと変わらず、役と向き合っていくだけです

upPLUS 2020年1&2月号 12/12発売!

2020年1&2月号

プレゼント

New Topics!!

information