【仲里依紗】やりたいことは、芯があれば何でもうまくいくはず

絶賛された舞台『はるヲうるひと』が、満を持して映画化。
小さな島で暮らす三兄妹の、不思議なオーラを放ついぶきを演じるのが仲里依紗さん。
魂をゆさぶる映像を生み出した撮影現場のこと、30歳になったご自身のことなどをたっぷりお聞きしました!

仲里依紗

自分でも見たことのない〝仲里依紗〞が見られる

――演じられた〝いぶき〞は、持病を患い床にふしがちな女性でしたが、すごくナチュラルなメイクでしたね。

少しコンシーラーで整えたくらいで、ほとんどメイクをしていないんです。遊女たちの口紅を借りてつけるシーンはありますが、口紅以外は基本的にすっぴん。衣装合わせにノーメイクで行ったとき、「あっ、メイクはその感じでいいです」と監督がおっしゃって。それを聞いて私は、支度時間が短くていいから、「やった」って思いました(笑)。

――ノーメイクと思えないほど肌がキレイでしたが、日々スキンケアに気をつかっていますか?

素肌がキレイな人が好きなので、スキンケアだけはすごくストイックに〝やりすぎ〞と自分でも思うくらい気をつけています(笑)。紫外線と乾燥の対策は特に。日々やっておかないと、何年後かに差がつきますからね。

――台本を読まれたとき、「私の演じた〝いぶき〞は、ひとりだけ違う世界が見えているような印象を受けた」そうですが、その感じはどうやって演じられましたか?

私の感じたイメージで演じただけなんですが、ちょっと何か人に見えないものと交信しているような、宙に浮いているようなふわっとした感じですね。よくいう〝天然〞とかではなく。

――佐藤二朗さんが、この作品では「誰も見たことがない、仲里依紗が見られる」とおっしゃっていたようですが……。

〝いぶき〞のような役を演じたことがなかったので、私もそう思います(笑)。私は明るい役や強い役、にぎやかな役が多いんです。そう感じている方には、意外な感じかも。

こめられたさまざまなメッセージ衝撃のラストに注目!

――たくさん、印象深いシーンがある作品ですが、この作品のどんなところを、『up PLUS』読者におすすめしたいですか?

結構重いテーマで、最後に「うわっ」という展開です(笑)。いろんなメッセージもこめられているので、観てくださった方にいろいろ感じとっていただければうれしいです。あと、佐藤二朗さんは今、バラエティに出演されたりして、「おもしろい人」というイメージがあるように思うのですが、ここに出ている、佐藤さんは迫力があって怖いです。それと原作、脚本、監督、出演できる方って、なかなかいないですから、佐藤さんのすごさを感じると思います。みなさんの持ってる佐藤さんのイメージを変えると思いますよ!

――この春開設された、YouTubeでは、仲さんのメイクなども見られそうですか?

どうでしょう(笑)。私のメイク、参考になるかな。でもみんなが笑顔になれるようなことを、いろいろ発信できたらいいな、と思っています。

――仲さんのように、公私ともに充実した女性になるのは、女性のあこがれだと思います。先輩として、最後にアドバイスをお願いします。

私は、好きな洋服を着て、好きなメイクをして、好きなように生きてきました(笑)。でも、めちゃくちゃにやっていたわけではなくて、どれも本当に自分で「やりたい」と信じてやってきたこと。「あれしたい、これしたい」と言うだけならお金もかからないし、いくらでも言える。でも行動に移さないと物事は進んでいかないので、失敗を恐れないでトライしてみてください。芯があれば、なんでもうまくいくはず。自分を信じて、思い立ったら即行動してみてください!

※本記事はアッププラス2020年6&7月号より一部抜粋して掲載しています

なかりいさ
1989年10月18日生まれ。長崎県出身。
『生きてるだけで、愛。』、『土竜の唄 香港狂騒曲』、『それを愛とまちがえるから』、『フルーツ宅配便』など、多数の作品に出演。
YouTubeチャンネル:仲里依紗です。

『はるヲうるひと』
近日公開
©2020「はるヲうるひと」製作委員会
【原作・脚本・監督】佐藤二朗
【出演】山田孝之、仲里依紗、今藤洋子、笹野鈴々音、駒林怜、太田善也、向井理、坂井真紀、佐藤二朗ほか
「置屋」が点在する、ある島。凶暴な性格の長男の哲雄(佐藤二朗)、こびへつらう次男の得太(山田孝之)、持病を持つ長女、いぶき(仲里依紗)は、4人の個性的な遊女と暮らしていた。
佐藤二朗が、原作・監督・脚本・出演を担当。自身の劇団ユニットの舞台を映画化。

撮影/天日恵美子
スタイリング/高橋法子(4D)
ヘア&メイク/フルタ
取材・文/山西裕美(ヒストリアル)

ジャケット ¥130,000(参考価格)、スカート¥120,000/Plan C(パラグラフ03-5734-1247)ピアス ¥75,000/ALIITA(パラグラフ03-5734-1247)中に着たトップス ¥18,000/G.V.G.V(. k3 OFFICE 03-3464-5357)

関連記事

  1. 【高杉真宙】“青春感”のあふれるキラキラした作品です

  2. 【尾崎由香】2018年はソロ活動が充実した年でした

  3. 【JUJU】“JUJU シアター”でみなさんをお待ちしています!

  4. 【大政絢】続けられる美容を探すことが一番大事

  5. 【門脇 麦】その時期にしかない輝きが“青春”なんだと思う

  6. 松本穂香

    【松本穂香】みんなが自由で笑顔でいられることの大切さを、教えてくれる作…

  7. 【黒島結菜】見どころしかない、何度でも楽しめる作品です!

  8. 【三吉彩花】情報量が多くて、ずっしり見応えがある作品です!

upPLUS 2020年6&7月号 5/12発売!

プレゼント

New Topics!!

information