UPSTART【upPLUS online Talk!】

UPSTART

2020年夏、突如出現したDa-iCEの花村想太さんとYouTuberのヒカルさんの強力ユニット、UPSTARTの第2弾配信シングル『ペルソナ』が完成♪ 結成の成り立ちから、ドラマ主題歌となるこのナンバーのこと、今後の展望まで、UPSTARTの第2章を深堀り!

違うタイプの“負けず嫌い”が化学反応

ーーUPSTARTの成り立ちは、昨年の番組『a-nation online 2020 Purple Stage』におふたりが出演した際の楽屋話が発端だそうですね?

花村 同年代で同じ兵庫県出身ということもあり、意気投合したんです。僕たちで新しい風を音楽業界に吹かせられたらいいなと。僕もヒカルくんのYouTubeを観ていて、何かを訴えかける力、言葉の力が凄い人だなと思いましたね。この言葉にメロディが乗ったら、きっと人の心は動くんじゃないかと思い、そういう挑戦をしてみたいなと。

ヒカル 僕は音楽をふたり(解散したカル×ピン)でやっていたことがあり、ライブハウスのZEPP TOKYOまでは立ったんですけど、そこから先が見えなくて……。「いつか東京ドームで歌いたい」「その場所に立ちたい」という思いがあるんです。人生一回しかないから、そういう挑戦もしたいなと。また音楽をやりたいとは思っていたけど、ひとりでやってもうまくいかないと思ったので、いい出会いだったと思います。

ーー出会う以前のお互いの印象というと?

花村 YouTubeでしか観たことがなかったけど、常にしゃべっている人という印象でした。でも裏ではそこまでめちゃくちゃしゃべるわけじゃなく、会話の核心をついてくるというか、身近に接すると、言葉の重みを感じますね。それは同年代の人にはあまり感じたことがなくて、歳上の人に感じるような感覚だったんですよ。

ーーそういう花村さんからの印象を聞いて、ヒカルさんはいかがですか?

ヒカル その通りだと思います。僕はオンオフがはっきりしているし、そもそも努力ができないタイプの人間なんです。カメラが回れば切り替えられるけど、それ以外は必要以上にしゃべらないですね。

花村 (UPSTARTのYouTubeチャンネルで)生配信で話したときに、50m走で自分が3位だったとするじゃないですか。僕だったら、どうやったら1位になれるかを考えるけど、ヒカルくんの場合は「上のふたりがいないところで走れば1位になれる」と言ったんです。その発想がめちゃくちゃおもしろいなと。

ーーその映像は拝見しました。ヒカルさんの場合は自分の得意技を磨くことに特化した方が力が出せるタイプですか?

ヒカル そうですね。嫌なことからは逃げるという。

花村 はははは。新しいな。

ヒカル 花村くんは忍耐力があるなと。普段から歌や踊りのトレーニングをしていると思うんですけど、僕は人生においてトレーニングらしいことをしたことがないんですよ。まあ、唯一続けられるのは水を飲むことぐらいですね。あと、漫画を読むことぐらい(笑)。

ーーUPSTARTのコンセプトである「ありのままに生きろ」という理念とも繋がりますね。

ヒカル そうですね。自由です、UPSTARTは。型にハマッてないから。型にハマッていたら、僕はここにいなかったと思います。僕がOKになっている時点で自由なチームだなと思います。発言も僕は明らかにアーティストっぽくないし、エイベックスさんもよくOKしてくれたなと。

UPSTART ヒカルヒカル
1991年5月29日生まれ、兵庫県出身。
2013年YouTube活動を開始。グループYouTuber「NextStage」のメンバーとしても活動。音楽活動、サロン経営、アパレルプロデュースなど活動は多岐にわたる。

ーー花村さんはYouTuberのヒカルさんとタッグを組むということで、これまでと意識は違いますか?

花村 全然違いますね。何が一番違うかというと、スタートから知名度がトップクラスだということ。言ったら、曲を作って出すとなったときに既にYouTube400万人以上の登録者数がいるのは、日本でも上から数えた方が早いくらいの知名度ですからね。その人と組んで話題にならなかったら、自分のせいになるから、そのプレッシャーは半端ないです。Da-iCEはゼロからスタートしたグループなので、そういうプレッシャーはありませんでした。

ーーヒカルさんはプレッシャーなどは感じますか?

ヒカル 僕はないです。音楽で期待されている部分は花村くんと比べたら少ないので、伸び伸びできています。あと、プレッシャーを感じたところで自分が伸びるとも思ってないので。僕は追い込まれたら、伸びないんですよ。だから、さっきの50m走の話じゃないけど、足の遅い奴と走ったほうが速くなるんです。似たような実力の人がいたら頑張れなくなるんですよ。ぶっちぎっていたほうが僕は強いんです。

花村 僕はゲームしていて強い人がいると、自分が勝つまで何百回でもやり続けるんですよ。相手がわざと負けてくれたら、「なぜわざと負けるん?」と怒るタイプだから、真逆ですね。

ーー花村さんは負けず嫌いなようですが、YouTubeを観ていると、ヒカルさんもかなりの負けず嫌いですよね?

ヒカル 負けず嫌いですね。

花村 方向性の違う負けず嫌いだよね?

ヒカル 強者に立ち向かう負けず嫌いがいるとするなら、僕は弱者を蹂躙する負けず嫌いですね。

花村 でも今は強者やで?(笑)

ヒカル それでも強者には立ち向かわない。僕は絶対に勝てる勝負しかしないんで。勝てないところには立たない。それで勝ちを積み重ねてる感覚ですね。だから、あまり挑戦はしてないんですよ。

ーーヒカルさんのYouTubeを観ていると、挑戦しているように受け取れますが。

ヒカル そう見えるかもしれないけど、ギリギリのラインを攻めてる感覚はないです。自分の中では固い階段をちゃんと足場を確認して踏んでる感じですね。

UPSTART

届きやすくするために、要所に強い言葉入れて、ユニゾンにしている

ーー2ndシングルとなる『ペルソナ』はめちゃくちゃ攻めた楽曲になりましたね。

ヒカル 初めて聴く人がどんな感情を持つのか気になりますね。歌詞が過激というか、原作の漫画自体がそういう内容ですからね。

花村 ヒカルくんは書き下ろしの方が向いていると思います。何か題材があって、それに対して書いたほうが得意なのかも。

ヒカル 確かに。

花村 1stシングルの『才能』は普遍的なテーマだったけど、今回はドラマの主題歌ですからね。

ヒカル 俺、タイアップしか無理です。(後ろのスタッフに向かって)「ちょっとエイベックスさん、メモしてください。タイアップしか無理な体かもしれないです!」(笑)。

ーー『ペルソナ』は原作が強烈なこともあり、それに負けない歌声や歌詞を作ろうと思うと、強い表現が必要になってきたのですか?

ヒカル 復讐の物語ですからね。今回は浮気された人にはズドンと刺さる感じかなと。

ーー『ペルソナ』は完全にダークサイド寄りの曲調ですよね。

花村 ヒカルくんに向いてるよね(笑)。

ヒカル うん、向いてるタイアップだったなと。原作漫画を読んだときにこれはイケるというか、間違いなく僕の世界観だなと思いました。Da-iCEの花村くんだったら、こういう曲はやらないだろうし、僕と一緒だからこそ、新しい花村想太が見られると思うから。

花村 この曲にはDa-iCE的な要素は一切ないですからね。

ヒカル 「地獄でまた逢おう」とか歌詞も凄いから(笑)。でも浮気された側はそう思うと思うんですよ。SNSで浮気された子の裏アカはそういう呟きだと思うから。ただ、漫画では女の子が浮気しているんですけどね。

ーー歌声についてもお互いの魅力も際立っていて、花村さんの伸びやかな美声に対して、ヒカルさんは男臭い低音ボイスで、そのコントラストも鮮やかだなと。

花村 そうですね。今回はレコーディングで優しかったり、力強かったり、ウィスパーっぽく歌ってもらったりして、いろんなパターンを歌ってもらいました。ただ、(ヒカルくんは)パーソナルな歌声が太いから、そこに柔らかい部分も挟んで抑揚を付けました。

ヒカル 僕らはまだ方向性が決まっていないので、うまくいけばこの方向性で固まる可能性もありますね。アーティストは似たような方向性の楽曲を出して、それがヒットするじゃないですか。そのイメージが大事だと思っているんです。

ーー歌詞はおふたりの共作ですが、言葉選びやストーリー性も考え抜かれてますよね。

ヒカル 全体的には花村くんがきれいにまとめてくれました。

花村 ヒカルくんの「この言葉入れてよ」という豪速球が多くて、それがすごく楽しかったです。常に有意義な時間で、この歌詞を書いたときもふたりで3時間ぐらいでできたのかな。パパパッと進んだから。

UPSTART 花村想太花村想太 はなむらそうた
1990年8月15日生まれ。兵庫県出身。
Da-iCEのボーカル兼パフォーマー、作詞・作曲も行う。2020年には自身のソロバンドプロジェクト「Natural Lag」も始動。

ーー花村さんが感じた豪速球フレーズとは?

花村 やっぱり「地獄でまた逢おう」は豪速球だなと(笑)。確かにやられた側は地獄ですからね。そこに引き摺り下ろすという(笑)。地獄にいると考えたら、サビの歌い方も変わって、よりダークになりました。

ヒカル サビは完璧ですよね。浮気された側の気持ちも表しているなと。

花村 歌詞は作る前にヒカルくんからフレーズをもらい、それからメロディやトラックを考えて、仮歌詞を作るんですが、今回はその仮歌詞のままですね。ヒカルくんをイメージして書いているので、共作という感じが出ていると思います。

ヒカル 花村くんやったら、もっと優しくなりそうやもん。

花村 「ピストル」とかそういう言葉は入れないですね(笑)。

ーー「後悔しろ 僕へ向けたそのピストルを」の歌詞もインパクトがありますね。

花村 ヒカルくんが女の人にピストルを向けている絵が浮かびました。やり返したるぜ!というパワーが、ヒカルくんの場合は強いと思うから。自分だけなら、こういう歌詞は歌わないですね。それと、「才能」のときに想像以上にふたりのユニゾンがいいハーモニーになっていることに気づいたので、今回はユニゾンを多めにしました。サビの要所要所に強い言葉入れて、ユニゾンにしているので届きやすいかなと。

ーーペルソナにも仮面という意味がありますが、このフレーズにはどんな気持ちを込めたんでしょうか?

ヒカル 復讐している側も本来の自分ではなく、仮面を付けていると思うんですよ。復讐したくないけど、復讐している。その心境を表した感じですね。

ーー最後になりますが、UPSTARTは日本初のYouTuber +アーティストという組み合わせのユニットですが、今後こういうスタイルは増えてくると思いますか?

ヒカル 増えると思います。今はYouTuberと芸能人の垣根がなくなってきているし、当たり前のように出てくるんじゃないかと。芸能人とYouTuberがグループを組んで、チャンネルをやることもありえますからね。その先駆けになれたらいいなと。

花村 うん、絶対出てくるだろうなと。今YouTuberは影響力があるし……。僕はそれを肌で感じるんですよ。イベントに出たりすると、YouTuberの方への歓声は大きいのを感じます。

ヒカル そういう時代になってますね。だからこそ、いい意味で融合したかったんですよ。YouTuberは影響力は確かにあるけど、本物のパフォーマンスはなかなかできない。芸能人は本物だけど、今はそれを届ける力が弱くなってる。だから、そこをお互いに補い合って魅せれたらいいなと。これがうまくいったら、すごい力が生まれると思いますね。

UPSTART ペルソナ
2nd 配信シングル 『ペルソナ』
7月13日から放送のMBS/TBSドラマ『サレタガワのブルー』オープニング主題歌。
https://avex.lnk.to/personaPR
avex trax
7/14より配信
UPSTART アップスタート
2020年夏、結成。2021年1月、1stシングル『才能』を配信。YouTuber+アーティストという組み合わせのユニットは、日本初。ユニット名「UPSTART」は「成り上がり」という意味。コンセプトは「LIVE YOUR LIFE」で「ありのままで生きろ」。

UPSTART直筆サイン入り写真プレゼント

UPSTART

★プレゼント商品:UPSTART直筆サイン入り写真
★当選人数:1名
★応募締切:7/30まで
★プレゼントお届け予定日:8月中旬頃

【応募方法】
以下の条件にあてはまる方であれば、どなたでも本キャンペーンにご応募いただけます。
①アッププラス公式Twitterをフォロー→ @uppmag
キャンペーンツイートをリツイート、いいね
上記で参加完了!
キャンペーン終了後、当選者の方にDMさせて頂きます。
※DMの開放をお願いいたします。

撮影/嘉茂雅之(Iris)取材・文/荒金良介

関連記事

  1. BOYS AND MEN【upPLUS online Talk!】

  2. SHARE LOCK HOMES【upPLUS online Talk…

  3. 森崎ウィン

    MORISAKI WIN【upPLUS online Talk!】

  4. 松岡広大 KOUDAI MATSUOKA【upPLUS online …

  5. GENIC【upPLUS online Talk!】

  6. 馬場ふみか

    馬場ふみか【upPLUS online Talk!】

  7. FIVE NEW OLD

    FIVE NEW OLD【upPLUS online Talk!】

  8. 深川麻衣

    深川麻衣【upPLUS online Talk!】

upPLUS 2021年11月号 10/12発売!

アッププラス2021年11月号表紙

プレゼント

New Topics!!

information