茅島みずき【upPLUS online Talk!】

この春、10代のふたりが演じるフレッシュな舞台『Romeo and Juliet -ロミオとジュリエット-』が登場♪ ジュリエットを演じるのは、今、最も注目される女優のひとり、16歳の茅島みずきさん。『upPLUS』初登場の茅島さんの舞台への意気込み、素顔に迫ります!

茅島みずき

力みすぎず、10代のジュリエットを自然に演じたい

――『ロミオとジュリエット』は、世界中で愛される名作ですが、今までご覧になったことはありますか?

茅島 ジュリエット役を務めさせていただくことが決まってから、鈴木杏さん、石原さとみさんがジュリエットを演じられている舞台をDVDで観させていただきました。同じ作品であっても全然違うものに感じましたし、とにかくおふたりとも存在感があって圧巻の演技で……。自分が演じるのか、と思うとそのときは不安になりましたね(笑)。でも私ならではのジュリエットを演じたいと思っています。

――関西ジャニーズJr.のユニット、なにわ男子の道枝駿佑さんがロミオを、そして茅島さんがジュリエットと、実際に10代のおふたりが演じることに、演出の森新太郎さんは大きな期待を寄せているそうですね。そのことについてプレッシャーは感じますか?

茅島 10代で、というより、私は舞台に出演すること自体が初なので、プレッシャーを感じています。今は森さんが毎日、どのシーンも細かく指導して下さるので、ついていくのに必死です。森さんから、“10代のふたりだからこそできるロミオとジュリエットにしたい”と言われましたが、そこは私がヘンに力みすぎないように自然に演じたいと思っています。

――『ロミオとジュリエット』は、14世紀を舞台にしたラブストーリーですが、現代の10代としてみて、こういう恋愛はどう思いますか?

茅島 私がジュリエットのような環境だったら、きっとあきらめていると思います(笑)。親の反対を押し切って、13歳ながら覚悟を決めたジュリエットは本当にすごいと、台本を読みながらいつも思っています。

――道枝さんと役について相談したことなどはありますか?

茅島 森さんの指導を受けながら毎日役に邁進しているので、なかなか自分のことでいっぱいいっぱいで……。

――まだ舞台を観に行ったことがない、10代〜20代の方々にも、この作品はおすすめですよね。

茅島 きっとみなさんが知っている展開のストーリーですし、舞台を初めてご覧になる方でも観やすいと思います。私の学校の友達も、「観に行きたい」と言ってくれています。みんなに感想を聞けたらうれしいですね。

人と話をするのが大好き。自分から話しかけるようにしています

――現在16歳には見えないくらい大人っぽくて、とってもクールな印象を受けるのですが、ご自身では自分はどんなタイプだと思いますか?

茅島 今では仲の良い高校の友達にも「入学式のときはクールな雰囲気で話しかけづらかった」と言われましたが、自分ではクールだなんて全然思わないです(笑)なので、極力初対面の方には自分から話しかけに行くように心がけています。仲良くなると「見た目とギャップがある」とか言われますし、学校でも今ではいじられキャラです(笑)。私、話すのが大好きなんです。共演する方々にも、同世代なら自分から話しかけるようにしています。

――『up PLUS』は美容雑誌なのですが、メイクや美容に興味はありますか?

茅島 はい、とても興味があります。濃い赤のリップが好きなんですが、今マスクをつけていることが多いので、ちょっと残念ですね。このお仕事を始めて、毎回撮影では「今日はどんなメイクかな?」とワクワクします。もともとの自分の顔とガラッと変わるのが楽しいです。

――2021年に挑戦したいことは、どんなことがありますか?

茅島 今はお芝居がすごく楽しいので、いろんな作品に携わらせていただいて、いつかは“朝ドラ”に出演したいですね。プライベートでは料理を頑張りたい。目玉焼きを作っても、いつも崩れて最終的にはスクランブルエッグになっちゃう(笑)。将来困りそうなので、今から徐々にトライしていきたいです。

かやしまみずき
2004年7月6日生まれ。長崎県出身。
2017年開催のアミューズのオーディションでグランプリを受賞し、芸能界デビュー。2019年大塚製薬『ポカリスエット』のCM出演が話題に。現在も『資生堂』『三菱パワー』『ワイモバイル』『積水ハウス』など多数のCMに出演中。Seventeen専属モデルとしても活躍している。女優としては近年の出演作品に映画『青くて痛くて脆い』、ドラマ『ここは今から倫理です。』『メンズ校』などがある。出演映画『藍に響け』の公開も控えている。


『Romeo and Juliet -ロミオとジュリエット-』

【原作】ウィリアム・シェイクスピア
【翻訳】松岡和子
【演出】森新太郎
【出演】道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、茅島みずき ほか
【期間】3/29〜4/18、東京・東京グローブ座
4/21〜25、大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
【公式サイト】https://www.romeoandjuliet2021.jp
中世イタリアの都・ヴェローナに、長年いがみあいを続けるキャピュレット家とモンタギュー家があった。ある日、キャピュレット家で行われた仮面舞踏会にモンタギュー家のロミオ(道枝駿佑)とその友人たちが忍びこむ。そこでロミオはキャピュレット家のひとり娘、ジュリエット(茅島みずき)に出会い、瞬く間に恋に落ちる。

撮影/鈴木希代江 ヘア&メイク/窪田健吾(aiutare) スタイリング/井阪恵(dynamic) 取材・文/山西裕美(ヒストリアル)

関連記事

  1. FIVE NEW OLD

    FIVE NEW OLD【upPLUS online Talk!】

  2. 森崎ウィン

    MORISAKI WIN【upPLUS online Talk!】

  3. 馬場ふみか

    馬場ふみか【upPLUS online Talk!】

  4. UPSTART【upPLUS online Talk!】

  5. 深川麻衣

    深川麻衣【upPLUS online Talk!】

  6. BOYS AND MEN【upPLUS online Talk!】

  7. 越智ゆらの & 小南光司【upPLUS online Talk!】

  8. 紺野彩夏 久保田紗友【upPLUS online Talk!】

upPLUS 2021年7月号 6/11発売!

アッププラス2021年7月号

プレゼント

New Topics!!

  1. 金子大地

information