β-グルカンと 食物繊維が たっぷり!きのこで免疫力を高める!

急に肌寒くなる季節は、体の免疫力が低下しがち。そんな時には、きのこを食べて風邪予防を。
今月のキレイになれる私レシピは、きのこ+にんにくの風味が絶妙!ちょっぴり大人のパスタレシピ「炒めキノコのアーリオ・オーリオ」を、作ってあげたい彼レシピは、「きのことほうれん草のクリーム煮」レシピを紹介!

炒めキノコのアーリオ・オーリオ

あっさりしたきのこに、香ばしいにんにくとピリ辛の赤唐辛子がベストマッチ。シンプルな味付けなのに食欲をそそる逸品の完成。きのこには免疫力向上に役立つβ-グルカンや食物繊維、美容にいいビタミンB₂の他、種類によって栄養素に違いが。しめじは、アミノ酸をバランス良く含み旨味たっぷり。えのきだけは、ビタミンB₁でストレス防止をサポート。秋は、きのこで体調管理を。

材料(ふたり分)

好みのきのこ…200g
にんにく…1片
赤唐辛子…1本
オリーブオイル(炒め用)…60ml
塩…少々
トマトソース(市販)60ml
イタリアンパセリ(粗みじん切り)…適量
オリーブオイル(仕上げ用)…大さじ2
パスタ…140g

作り方


1.きのこ類は石づきを取り、食べやすい大きさに手で裂く。にんにくは包丁の側面でつぶす。


2.ライパンにオリーブオイル、にんにくを入れ、強火にかけ、ふつふつしてきたら弱火にしてきつね色になったら、赤唐辛子を入れる。


3.20秒ほどして、にんにく、赤唐辛子を取り除いてから、きのこ類を加えてじっくりと炒める。しんなりしたら、塩で調味する。


4.パスタを茹で始める。3にトマトソースを加えてとろりとさせ、ゆで上がったパスタ、パセリ、オリーブオイルを加えてよく混ぜる。

最後にオリーブオイルを加えてコクをアップ

きのことほうれん草のクリーム煮

まろやかな味わいで疲れを癒す優しいおかず

寒い日に食べたいクリーム煮のレシピがこちら。生クリームでコクをプラスすれば、あっさりしたきのこが食べ応えのある料理に。低カロリー&食物繊維でダイエットの強い味方のきのこだけど、免疫力を高める特有の栄養素β-グルカンにも注目。きのこで寒さにも疲れにも負けない体に。

材料(ふたり分)

マッシュルーム…5個
しめじ…1/2パック
ほうれん草…1/2束
たまねぎ…1/6個
ベーコン(厚切り)…30g
生クリーム…1/3カップ
塩・こしょう…各少々

作り方


1.マッシュルームは石づきを取り半分に切る。しめじは小房に分ける。ベーコンは5mm幅に切る。たまねぎはみじん切りにする。


2.ほうれん草は塩ゆでにして冷水にさらす。冷めたら水けをきり、長さ4㎝に切って、さらに水けを絞る。


3.フライパンにベーコンを入れて弱火にかけ、じっくり加熱してから、たまねぎを加え、しんなりするまで炒める。


4.1のきのこ類を加えて中火で炒める。しんなりしたら生クリームを加えて、煮立ったら2を加えて少し煮詰め、塩・こしょうで味をととのえる。

 

きのこの選び方は?
カサの状態をチェック
カサにハリがあり、開きすぎていないものを選んで。軸は、太く弾力があり、みずみずしいものが新鮮な証拠です。
美人のPOINT1
β-グルカンが免疫細胞を活性化。食物繊維で便秘解消にも◎。
美人のPOINT2
ビタミンB2で基礎代謝を高めて脂肪を燃焼しやすい体に。

撮影/滋野由美 取材・文/伊藤恵美

関連記事

  1. 鉄分の含有量はトップクラス ほうれん草で貧血予防!

  2. TNF-αを活性化!レタスで免疫力を上げる!

  3. ほたて貝で疲れ目対策を!

  4. EPA、DHAの青魚パワー!さんまで血活&脳活!

  5. サブセルロース、フコダイン、アルギン酸がカギ!わかめで便秘を解消!

  6. 豊富なβ−カロチンが粘膜に効く!ズッキーニで疲れ目を癒す

  7. リコピン&ビタミンCがたっぷり!トマトで紫外線に負けない肌に!

  8. 抗酸化作用のβ-カロチンがたっぷり!かぼちゃでダメージ肌を補修!

upPLUS 2019年11月号 10/12発売!

アッププラス2019年11月号

プレゼント

New Topics!!

information