かぶで肌荒れ防止!

みんなの美容的悩みを、栄養士の船橋先生が食で解決します!
解毒酵素を活性化&殺菌効果もあるかぶで、春先のゆらぎ肌を防ごう!

今月のキレイになれる私レシピは、シャキシャキ感がおいしい!生でたっぷり食べられる鮮やかマリネ「かぶとスモークサーモンのマリネ」レシピを、作ってあげたい彼レシピは、にんにくとベーコンの香りを引き出したシンプルおかず「かぶのイタリアンソテー」レシピを紹介!

かぶとスモークサーモンのマリネ

かぶとスモークサーモンを、白ワインビネガーで漬けるだけでオシャレ感満載のマリネが完成。
ほんのり甘いはちみつがアクセント。
シャキシャキ食感と爽やかな味が相性抜群で、春先にぴったりです。
かぶは、白い根だけでなく葉にも栄養がたっぷり。彩も鮮やかになるので、捨てずに活用を。
花粉や気温の変化による肌荒れを、かぶの解毒&殺菌作用で予防しよう!

材料(ふたり分)

かぶ(大)・・・2個
かぶの葉の部分・・・1/2〜1個分
たまねぎ(薄切り)・・・1/8個
塩・・・小さじ1/2
A 白ワインビネガー・・・大さじ1と1/2
はちみつ・・・小さじ1と1/2
塩・・・小さじ1/4
こしょう・・・少々
B スモークサーモン・・・80g
オリーブオイル・・・大さじ1
ケイパー・・・大さじ1

作り方

火を使わずにできる即席の副菜


1.かぶは皮をむき縦半分に切って薄切りにする。かぶの葉は薄く小口きりにする。スモークサーモンは食べやすく切る。


2.かぶとたまねぎを合わせたものと、かぶの葉は別々のボウルに入れる。小さじ1/2の塩をふりわけて、しんなりさせる。


3.2の水気をそれぞれ絞り、ひとつのボウルに合わせる。Aを合わせて塩を溶かしてから、ボウルに入れる。


4.スモークサーモンをオリーブオイルで和えてから2に加え、全体を混ぜ合わせる。器にもったらケイパーを散らす。

かぶを少し揉み込むと食べやすく!

かぶのイタリアンソテー

にんにくとベーコンの香ばしさに唐辛子がピリッと効いて、食欲をそそる一品に。
かぶの根は、炒めることでジュワッと柔らかな食感に。
葉も一緒に炒めると、苦味が抑えられ食べやすくなります。
肌も体も調子を崩しやすい春先には、解毒作用のあるかぶで、体内の有害物質を排出して健やかに。

材料(ふたり分)

かぶ(小)・・・4個
かぶの葉・茎・・・2個分
ベーコン・・・2枚
にんにく・・・1片
赤唐辛子(小口きり)・・・1/2本分
オリーブオイル・・・大さじ1
白ワイン・・・大さじ1
塩・こしょう・・・各少々

作り方


1.かぶは茎を1cmつけて残し、皮を剥く。縦半分に切り、さらに5mm幅に切る。茎と葉は5cmの長さに切る。


2.ベーコンは、1.5cm幅に切る。にんにくは、みじん切りにする。


3.フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、にんにく、赤唐辛子、ベーコンを加えて、弱火で香りが出るまでゆっくり炒める。


4.かぶと葉を加えて炒め合わせる。白ワインをふり、水分がなくなるまで炒めて火を通し、塩・こしょうで調味する。

かぶの選び方は?色とツヤをチェック
根の部分が白くてハリとツヤがあるものを選んで。
葉は、みずみずしく緑色で、付け根までキレイなものが新鮮。
美人のPOINT1
フィトケミカルの一種、イソチオシアートで解毒酵素を活性化
美人のPOINT2
ビタミンCでシミ予防消化酵素ジアスターゼで胃もたれ解消!

撮影/内田 龍 取材・文/伊藤恵美

Author Profile

船橋 雅子
船橋 雅子フードコーディネーター
服部栄養専門学校卒業。
栄養士としての豊富な知識と経験を生かし、フードコーディネーターとして各方面で活躍中。

関連記事

  1. 抗酸化作用のβ-カロチンがたっぷり!かぼちゃでダメージ肌を補修!

  2. ほたて貝で疲れ目対策を!

  3. ヤラピンと食物繊維がたっぷり!さつまいもで便秘解消!

  4. 高たんぱく質低カロリーの優秀食材!ささみでおうち太りを撃退!

  5. たんぱく質が美肌作りのカギ!鶏肉でふっくらハリ肌に!

  6. カツオでやる気スイッチON!

  7. 女性にとって重要なカルシウムやレシチンが豊富!豆腐で丈夫な骨を育む!

  8. 小松菜で鼻&のどを健康に!

upPLUS 2024年5月号 4/11発売!

アッププラス2024年5月号

プレゼント

New Topics!!

information