馬場ふみか【upPLUS online Talk!】

馬場ふみか

実際の将棋の対局から着想を得た、完全オリジナルストーリー『AWAKE』で、主人公・英一を優しく見守る女性・栞を演じる馬場ふみかさん。2020年クリスマスに公開されるこの映画の魅力、そして女優として、女性としてのこれからを語っていただきました!

20歳過ぎて”AWAKE“目覚めたのは、人とのコミュニケーションの楽しさ

――映画『AWAKE』では、かつて棋士を目指していた清田英一とともに、AI将棋のプログラミングを開発する磯野達也の妹・磯野栞を演じられていますが、どんな女性として演じられましたか?

馬場 栞は英一さんと兄である達也さんを、そばで明るく優しく応援する女性。衣装合わせのとき監督が、「個人的には、栞は英一と結婚して欲しいと思っているんだよね」とおっしゃっていて。この映画の中ではそうなるシーンは描かれていませんが、「英一に優しく寄り添う存在になりたい」と意識しながら栞を演じました。

――将棋については、どれくらい知識をお持ちでしたか?

馬場 栞と同じで、全く知識がなかったんです(笑)。だから、英一役の吉沢亮さん、達也役の落合モトキさんのやり取りも新鮮で、普通に学ぶことを楽しみながら演じさせていただきました。

――吉沢亮さん、落合モトキさんとの共演はいかがでしたか?

馬場 落合さんは、本当にお兄ちゃんみたいに優しく接してくださいました。吉沢さんは共演させていただくのが今回2度目なんですが、普段はすごく自然体なのに、演技が始まった瞬間からの集中力がすごくて。圧倒的な存在感でしたね。吉沢さんは同世代なのですが、同世代の方の活躍は刺激になります。

――映画のタイトルは『AWAKE』で、“目覚め”や“覚醒”をいみする言葉ですが、ご自身でAWAKEを感じたことはありますか?

馬場 10代の頃は人見知りで、人と話すことも苦手だったんですが、20歳になってからいろんな方に、「すごく変わった」と言われるようになりました。お酒を飲んだりご飯を食べに行く機会が増えたのもありますが、コミュニケーションが楽しくなった瞬間はありましたね。もっとお話が上手になりたいなとずっと思っていたので、よかったです。

――話すことが楽しくなったことで、世界は変わりましたか?

馬場 やはり人見知りだった頃は、それだけ交流する人も少なかったし、狭い世界にいた気がします。いろんな方と出会って話して、自分自身の考え方も広がっていきましたね。女優の仕事では、自分にはない考えや全然自分とは性格が違う人物を演じることがほとんど。そういうときに、すごく参考になります。

馬場ふみか

女優を軸に、自分にできることは何でも恐れずにトライしたい

――女優の仕事と並行して、モデルやグラビアでもご活躍されていますが、今後の目標は?

馬場 女優としてやっていきたいという気持ちが軸にあるのですが、モデルのお仕事も大好きだし、グラビアのお仕事も辞めたくないし。今は自分にできることは何でもたくさんやっていきたいですね。変化を恐れずにどんどんトライしていきたいです。

――この映画はクリスマスに公開ですが、特にどんな方におすすめしたいですか?

馬場 もうどなたでも! 将棋の好きな方はもちろん楽しめますが、私のように将棋についての知識がない方もいらっしゃると思うんです。そんな方は私が演じた栞と同じ気持ちで、勝負の緊張感や空気感を楽しんでいただけると思います。そしてこれから、試験なども始まる季節だと思いますが、何かを目指して頑張っている方にも是非おすすめしたいです。

――2020年は大変な年になりましたが、ご自身が得たものはありますか?

馬場 緊急事態宣言など、どなたとも会わない中で、すごく自分と向き合う時間があって、自分の好きなところも嫌いなところも明確になりましたね。自宅にいる日々、もちろん外出はしないけど、週に2〜3回は好きな洋服をコーディネートして、メイクを着て過ごしていました。毎日すっぴんで部屋着で過ごしていたら、鏡で自分を見たときのモチベーションが下がってしまって(笑)。そんなときは友達とオンラインで話したりして、気分をあげていました。2021年はこの経験をもとに、あたりまえのことですが、自分のまわりの方々を大切にしようと改めて思いましたね。そしてやっぱり仕事ができることがうれしい! ひとつひとつの作品を大切に、2021年も頑張っていきたいですね。

馬場ふみか

ばばふみか
1995年6月21日生まれ。新潟県出身。
2014年、映画『パズル』で女優デビュー。2016年には映画『黒い暴動♥』で主演。ファッション誌では、専属モデルとしても出演中。主演ドラマ『3Bの恋人』は、2021年1月9日より、テレビ朝日系にて放映。

『AWKE』
棋士を目指す英一(吉沢亮)は、同世代の陸(若葉竜也)に敗れ、プロの道を諦める。大学生になった英一は、コンピューター将棋に出会う。英一は早速人工知能研究会の門を叩き、変わり者の先輩・磯野達也(落合モトキ)の手ほどきを受ける。達也の妹・栞(馬場ふみか)の応援を受け、ソフト作りに熱中するが……。2015年に行われた阿久津八段とAI将棋プログラム「AWAKE」の対局を元にしたストーリー。
監督:山田篤宏
出演:吉沢亮、若葉竜也、落合モトキ、寛 一 郎、馬場ふみか、川島潤哉、永岡佑、森矢カンナ、中村まこと
[2019年/日本/キノフィルムズ]119分
12/25より、全国にて公開
©2019『AWAKE』フィルムパートナーズ

撮影/鈴木希代江 スタイリング/石田綾 ヘア&メイク/鈴木海希子 取材・文/山西裕美(ヒストリアル)

関連記事

  1. EMPiRE【upPLUS online Talk!】

  2. FIVE NEW OLD

    FIVE NEW OLD【upPLUS online Talk!】

  3. 越智ゆらの & 小南光司【upPLUS online Talk!】

  4. 森崎ウィン

    MORISAKI WIN【upPLUS online Talk!】

  5. 金子大地

    金子大地【upPLUS online Talk!】

  6. FAKY

    FAKY【upPLUS online Talk!】

  7. 宇野実彩子×山田裕貴【upPLUS online Talk!】

  8. BOYS AND MEN【upPLUS online Talk!】

upPLUS 2022年1月号 12/9発売!

プレゼント

New Topics!!

information